演出TOPへ
祝電開始〜ケーキ入刀まで
親族代表挨拶 新郎ウェルカムスピーチ エスコートをご家族の方に
エスコートを突然指名 新郎の退場も注目! お父様と入場
ブーケブートニアの儀式 ケーキの中に当たりを! オリジナルケーキ
ファーストバイト
○ 親族代表挨拶
 親族代表挨拶というのは親族の代表の方(一般的には親族の長になる方)がご挨拶するものです。おじいちゃんやおじ様がされるのですが、身内のあいさつですので、乾杯後にいただいたほうがスムーズです。だた、親族だけの披露宴の場合は、乾杯前にいただきます。
○ 新郎ウェルカムスピーチ 
 披露宴の最後に新郎の挨拶の時間がありますが、ここで‘ご臨席いただいたことへのお礼‘‘楽しんでいってくださいね‘というメッセージを入れたご挨拶をする方もいらっしゃいます。
乾杯後ではなく入場してスグに入れる場合もあります。
お二人が声を出す事で、会場が和やかになりますよ。
○ エスコートをご家族の方に 
 ご媒酌人がいらしゃる場合は、ご媒酌人令夫人にエスコートをお願いする事がほとんどですが、ご媒酌人がいらっしゃらない場合や、2回目のお色直し退場の際には、是非ご家族の方にエスコートしてもらいましょう。

お父様やお母様、ごきょうだいと手をつないで歩くとく事も滅多にありません。折角ですから、ご家族の方にも出番を作って、より思い出深いものにしましょう。

私が司会をさせていただいた中に、新郎が妹さんととても仲がよいという方がいらっしゃって、そこでお召しかえの際、妹さんと手をつないで退場という事にしました。 
小さい頃の思い出などをナレーションで入れながら進んでいただきましたが、お二人とも涙をポロポロ流しながら歩いていかれて、会場からもいっぱいの拍手でした。

身内の方にスポットが当たることに抵抗がある方もいらっしゃいますが、
身内に関する演出も‘さりげなく‘‘大げさにせず‘であればお客様にも受け入れられますよ。さりげない演出でご家族を皆さんにご紹介してはいかがですか?
○ エスコートを突然指名
お色直し退場のエスコートはあらかじめお願いしておいてもいいですが、当日まで内緒にしていて、突然新郎か新婦が指名!というのも面白いですよ。その際、会社の上司の方や恩師の方などを指名すると、本人は全く予想もしていませんので、驚き、恥ずかしがりながらもエスコートしてくださいます。
○ 新郎の退場にも注目!!
新郎のお召し替えの際は、ほとんどの場合、こっそりと出て「アラ、いつの間にかいなくなってる」となります。ですが、新郎だって注目されたい!とテーマソングを流しながら退場したり友人3人に騎馬を作ってもらってその上に乗って退場したり・・・そんな方もいらっしゃいます。

ただ、内容によってはかえって場がシラケテしまう可能性もありますので、お客様のお顔をよーく思い出してみて下さい!盛り上げてくれそうでしょうか? お友達や身近な人が多い披露宴には向いています。
○ お父様と入場→新郎とバトンタッチ
挙式をチャペルでなさる方は、お父様とバージンロードを歩く事がありますが、神前式や人前式の場合はその機会がありません。そこで披露宴中にお父様と歩く時間をもってはどうでしょうか?

花嫁が‘ウエディングドレスでお父様と腕を組み、バージンロードを歩く‘事を夢見るように、お父様も娘と腕を組んで歩きたいのです。やっぱり。一生に一度ですもの!

新郎にはあらかじめ会場に入って待っていただきお二人をお迎えしてもらいます。そして、ステージ上などでバトンタッチします。その際に
一言お父様へ、誓いの言葉を宣言するのもGOODです。(もしお父様がいやがらなければ、お父様に新郎へのメッセージを言っていただくのもGOOD)
○ブーケブートニアの儀式
昔、欧米では女性にプロポーズをする際に、男性は野の花を集めてそれを花束にし女性に贈ったそうです。そして、女性は、もしそのプロポーズを受けるのであれば、その花束のなかから一輪を男性の胸にさしました。これがOKの合図だったそうです。
これにちなんで行われるのがブーケブートニアの儀式。あらかじめゲストの何人かに花を持っていてもらい、新郎が入場しながらその花を集めていきます。そしてそれをブーケにし、新婦にプロポーズ。
この時、新郎がプロポーズの言葉が恥ずかしいという事であれば、「これからよろしく!」と言うような言葉でもいいです、何か一言お願いしますね
○ケーキの中に当たりを!
ケーキが生ケーキの場合は、ケーキ入刀後デザートとして皆さんに召し上がっていただきます。
その切り分けられた
ケーキの2〜3個に飴などを入れておいて、そのケーキが当たった人にプレゼントというのも楽しいですよ。日頃はケーキなどあまり食べなさそうなおじいちゃんおばあちゃん達も一生懸命ケーキの中を探ってて・・・。
○ オリジナルケーキ
「ウエディングケーキを生ケーキにして、食事の後に皆さんにデザートとして食べていただく」というのは最近多いですが、そのケーキがモンブランだったのには驚きました。
 
 そのカップルは大のモンブラン好き。「モンブランの大きいのは無理!」というケーキ屋さんの言葉にもめげず、交渉の結果約30センチのBIGモンブランが完成していました。
 (BIGモンブラン・・・ちょっと焼きそばに似てたけど・・・。)
 その周りに小さなモンブランが並んでいてとーっても可愛く、ケーキ入刀で笑いがおってましたよ
○ ファーストバイト 
新郎新婦がケーキ入刀後、ケーキをお互いに口に運んで食べさせるという演出です。みんなの前でのキスは恥ずかしいという新郎新婦も、これならできるかも!?

お客様にお近くによってもらってたっぷーりお写真を撮ってもらいましょう!
ページTOPへ