■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
HOME
「よかった」
結婚式のための
5つのポイント
1.式   場
2.ス タ ッ フ
3.演   出
4.心づかい
5.司 会 者
「よかった」
結婚式のための
アドバイス
アイデア
人前式
手作り
招待状・席次表
演出アイデア
クイズ・ゲーム
余興アイデア
スピーチアドバイス
BGM
先輩達の
披露宴実例集
司 会
司会申込・料金
・・・・・・・・・・・
◆ Links
◆ About me
◆ mail
 Blog


ご参考に(~o~)↓




スピーチアドバイス

* スピーチアドバイス * 

私がアドバイスいたします・・・

このサイトの管理人であるMCの田木です
話し方講座の講師なども務めています

どうすれば上手なスピーチができるでしょうか・・・
そのコツをお教えします

そうそう、『話す』=『コミュニケーション』ですよ!



■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

■スピーチ成功の秘訣!(^^)!・・・以下の順番でご説明します

 @はじめに・・・話す前の大前提
 Aテーマをはっきり
 B時間は3分を目安に
 C話すときのポイントは3つ・・・「はっきり」「ゆっくり」「抑揚をつけて」

 その他・・・スピーチアレンジ編

@はじめに・・・話す前の大前提
話す⇒「誰に」「何を」話すのか!
まず、これをわかっていなければ、内容も決められませんし練習もできません。

結婚式の場合、これは明確です。
「誰に」→結婚式のゲストに
「何を」→新郎新婦のことを


話すのです。「何を」のテーマはたった一つです。
「新郎新婦のいいところを紹介する!」これです!

「そんなの当たり前じゃーん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
結構案外、的外れなお話しをされる方もいらっしゃいます。

例えば・・・「会社の業務内容を紹介する人」
これは、この後に「〜〜〜。こんな困難な業務を新郎は一人でしているのです!」
と、最終的に新郎新婦の‘
よさ‘につながればいいのですが
結局「会社のPR」で終わってしまう人も沢山いらっしゃいます。(ToT)
「何だったんだろう・・・」という事になります。

すなわち、
「新郎新婦のよさをアピールできる具体的な話」をするのです。
具体的な話=エピソードです。
「エピソードを話す」ことで、新郎らしさ、新婦らしさがグーンと伝わってきます。

例えば・・・どんなに「新郎はやさしい人だ」と言っても、それを100回、1000回言った
としても聞いているほうはピンときません。
それよりも「困っているおばあさんをおんぶして階段を登ってあげた」などというエピソード
を一つ話すほうがその人らしさがグンと伝わります。

ですから、
「新郎新婦のよさが伝わるエピソードを入れる」
とっても分かりやすいのです。

   
Aテーマをはっきり  
「新郎新婦のよさが伝わる話をする」という事が決まった所で、次はその内容です。

まず新郎新婦のいい所を思い浮かべてください
「まじめ」「優しい」「仕事ができる」「気配り上手」「面白い」・・・

その中で、話す
テーマは多くても3つまでです。
多くてもです。

人は一度に多くのことを覚えられません。
テーマが増えれば増えるほど、一つずつの印象は薄れていきます。

また、話し方のコツとして、
「何を言いたいのか」を最初にもってくる
というテクニックがあります。

日本語は、とてもまどろっこしいのです。言いたい事が最後にきてしまう文法です。
例えば・・・
「彼は・・・・・・・(エピソード)・・・・・・・という点でとても優しいのです。」
というより
「彼はとにかく優しい人なんです。それは・・・・・・・(エピソード)・・・・・」
という方が、聞いている方は整理しやすいのです。

B時間は3分を目安に
「3分間スピーチ」という言葉があります。
また、皆さんがよく聴く音楽。
一曲の長さはどれくらいですか?
おそらく、3分〜4分だと思います。
これはやはり、「人が集中していられる時間は3分」だからではないでしょうか。


話しのプロは、テクニックで何時間も人を惹きつけていられますが
そうでない場合・・・話しが苦手!という方は、
まずは
テーマを絞って、それを3分程度に短くまとめてみて下さい。

ずいぶんといい話、伝わる話になると思いますよ。


    Cポイントは3つ・・・「はっきり」「ゆっくり」「抑揚をつけて」

これまでの説明で、テーマは明確になり、短くすっきりとまとまってきたと思います。
では、実際にその内容を話す時に気をつけたいことは・・・
      1.「はっきり」→これには2つ「テーマをはっきり」「言葉をはっきり」の意味があります。
                   テーマは、これまでの説明で随分「はっきり」してきたと思いますので
                   実際に「はっきり」と話す練習をしてみてください。

      
2.「ゆっくり」→早口だと、折角の内容も何と言っているかわかりません。
                   特に、マイクを使い慣れてない方はゆっくりを心がけてください。

      
3.「抑揚をつけて」→棒読み。。。これだと、聞いている方は全く面白くありません。
                        抑揚をつけて、魅力的な話し方をして下さい。
                        強調したい部分を「大きな声」にしたり「ゆっくり」言ったり・・・。
                        ・・・ってコレが難しいんですけど・・・ね。


  

    その他・・・スピーチアレンジ編
   
    ↑とは言っても、スピーチだけで、会場をひきつけるというのはプロでも難しいものです。
      しかも友人スピーチの時間というのは‘歓談中‘がほとんどで、会場内はザワザワ。
      「おーいぃぃぃ!誰か聞いてるかぁぁぁ(ToT)/」という事も少なくありません。。。
      そこで「皆が聞きやすい」「印象に残りやすい」スピーチの方法をお教えしますね!

      ◎新郎や新婦の特徴を「3K」とか「5P」とか「2DK」などにまとめる。
        ・・・最初に3つの〜などと話すと、聞くほうは「3つあるんだな」と思って聞くことになるので
          頭に入りやすいですし「あと一つは何だろう」「聞きたい!」という気持ちが起こるの
          ですよ。(営業の方、プレゼンなどの時にも使ってね!)
          例えば、新郎は「パワフル」で「ポジティブ」で「プールが好き」とか新婦は「きれい」で
          「気がつく人」で「奇妙なものが好き」とか。最後は‘おち‘として笑える方がいいですね。
 

      ◎短いネタを箇条書き風に紹介する。
       
・・・最近、お笑いで多いのがこの手法ですね。漫才の様にじーっと聞き入ってなくっても
         気軽に聞けて面白いというパターンですね。
         スピーチでどんな風にするかというと、あらかじめ周りの友達に「新郎太郎といえば?」
         とか「新婦のいい所は?」などといくつか情報を集めて、それをポンポンと紹介します。
         例えば、「新郎太郎といえば?」と友人達にききましたら「面白い」「バイク」「かっこいい」
         ・・・と紹介しこれにもオチネタを作っておきます。 「実はアイドルの○○のファン」とか
         「数学が得意で割り勘の時も1円単位で割る」とか意外な一面などをオチにするといい
         と思います。