■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
HOME
「よかった」
結婚式のための
5つのポイント
1.式   場
2.ス タ ッ フ
3.演   出
4.心づかい
5.司 会 者
「よかった」
結婚式のための
アドバイス
アイデア
人前式
手作り
招待状・席次表
演出アイデア
クイズ・ゲーム
余興アイデア
BGM
先輩達の
披露宴実例集
司 会
司会申込・料金
・・・・・・・・・・・
◆ Links
◆ About me
◆ mail
 Blog




 
〜人前式とは?
  
 
〜人前式の進行内容を決めよう!
 
結婚証明書を準備しよう!
 (誓いの言葉の文例など)
 
〜人前式Q&A
 STEP 1  〜人前式とは何か?を知ろう!

* 人前式とは何か? *
■ 日ごろお世話になっている方に結婚の証人になってもらうお式 ■
  
  人前式とは字のごとく「人の前で誓う、お式」です。特定の神様ではなく、日ごろ御世話になっている方、親しくしていただいている方の前で結婚の誓いを立て、承認していただくお式です。ですから列席者全員の方がお二人のご結婚の「立会人」「証人」となります。


■ 決まったスタイルがなく自由にアレンジできるお式 ■

  人前式に決まりごとはありません。基本的な流れというのはありますが、順番も入れ替えていいですし、お好きな演出を入れても構いません。ただ、お式ですからる程度の厳粛さは必要です。お二人でアレンジして思い出深いお式にして下さい。


■ 新しいスタイルのお式ではない ■
 
  最も伝統的なお式といえば「神前式」と答える方も多いかもしれません。けれども
現在の「神前式」の始まりは明治時代の事です。当時の皇太子(後の大正天皇)のお式から始まったスタイルで、しかもその基本は「キリスト教式」を参考にして作られた内容です。
 ではそれより以前、江戸時代などはどのようなスタイルで式が挙げられていたのでしょうか。その時代、身分などによっても異なったでしょうが、一般的には「新郎の家に親しい人を招いて祝言を挙げる」という形式だったようです。
 当時は勿論「人前式」というような言葉もなかったでしょうが、「特定の神様ではなく、御世話になった方、親しくしていただいている方を招いて式を挙げる」。という点では現在の人前式が最も古くからあるスタイルといっていいのかもしれません。