WEDDING REPORT TOP 実例集
■ ホテルウェディング2004
■ ホテルウェディング2005
■ ホテルウェディング2006
■ ホテルウェディング2007
■ ハウスウエディング
■ レストランウェディング
■ 料亭ウェディング
 料  亭
2006・3  料亭すざき
【 進行内容 】
・ 入場
・ 新郎よりご挨拶
・ プロフィール紹介
・ 乾杯
・ 歓談
・ お色直し退場
・ 入場
・ 夫婦円満の秘訣発表
・ ご両親のご紹介
・ 記念品贈呈
・ 両家代表謝辞
・ 新郎謝辞
・ 退場



おわかり頂けますか〜?
羽の先がつながっているんですよー!

☆ご親族のみの約30名様のご披露宴。とにかくメインは「ゆっくりとお食事を楽しんでいただいて、両家の親睦を深めていただく」という事で、特に「挨拶やスピーチ」「余興」などは入れませんでした。
 新郎新婦お二人が「人数も少ないし、親族だけで余興もなく、間がもつんだろうか・・・」ととっても心配なさっていましたが、『シンプル&ポイントポイントでワイワイと楽しみ一体感が生まれた』とってもいい披露宴だったと思います。
 歓談以外に入れた演出は「新郎よりご挨拶」と「夫婦円満の秘訣発表」だけ。最初は皆さん緊張されていましたが、次第に場の空気も和み、久しぶりに会った親戚同士でお話されたり、相手のご親族の所へお席を立ってご挨拶されたり・・・「あーこれぞ本来の披露宴なのかなぁ」と思いました。(*^_^*)
 「夫婦円満の秘訣発表」というのは、歓談中に色紙を回しそれぞれのお家の夫婦円満の秘訣を書いていただき、その中からいくつかを司会からご紹介させていただきました。 色々なそれぞれのご家庭の事情がわかって・・・とっても楽しかったです!
 真面目で穏やか〜な新郎と、‘良妻賢母!‘(ってママではないですが・・・)という感じのとっても女性らしい新婦。(・・・でも新婦は意外と面白い人なのですっ。すごい特技ももっていらっしゃいました!) 
 そうそうお二人で折り鶴を折っていらっしゃったのですが、何と一枚の紙で2羽の鶴!感動です〜(T_T)。私も一つ頂いちゃいました♪
 
2004・11  料亭喜樂
【 進行内容 】
・ 入場(高千穂夜神楽で)
・ 親族代表挨拶
・ お謡い
・ 乾杯
・ 祝琴
・ お料理紹介
・ プロフィール紹介
・ お色直し退場

   (エスコートは従妹さん)
・ 入場
   (お父様と→新郎とバトンタッチ)
・ 鯛の塩釜かっちん開き
・ 高千穂夜神楽
・ 新婦お手紙
・ 花束贈呈
(お父様にはお酒)

・ 両家代表謝辞(ご両家お父様)
・ 新郎謝辞
・ 一本締め
・ 退場




お二人とも和装がすっごくすっごく
似合ってました(^-^)
☆ご親族のみの約50名のご披露宴。新婦は、前半を白無垢で過ごし、お色直し後は黒振り袖。演出も‘お謡い‘‘神楽‘ととっても渋〜い披露宴で、改めて「和っていいっ(*≧∇≦*)!次するなら絶対、和でするぞぃ」って思いました。
 入場は、縁結びの神‘サルタヒコノミコト‘がお二人を先導し太鼓と笛の音の中を進まれました。新婦が宮崎県高千穂のご出身で、高千穂は夜神楽が有名なのです。
 「手作りの披露宴」「自分達よりも皆さんに喜んでいただける披露宴」がテーマで‘少しでもゲストに負担をかけないように‘というお二人のお心遣いで、プロフィール紹介も乾杯後にもってきました。
 お色直し入場は、新婦がまずお父様と入場し、途中で新郎とバトンタッチだったのですが、新郎がとっても恥ずかしがりやさんで「できればやりたくないけど、新婦がどうしてもって言うので」という事でしたが、お父様は涙涙・・・会場からは拍手〜で皆があったかい気持ちになりました。新郎に頑張ってもらって良かったです(^-^)。
 演出も少なめで、しかも3時間半!の披露宴でしたが、ゲストから「あっという間だった」との声が。3時間半があっという間っていうのは‘美味しいお料理‘と‘ゲスト側のペースに合わせた内容‘が良かったのでしょうね。私自身も改めて‘ゲストのペース‘というのを考えさせられました。


【 後日いただいたメール 】


披露宴を終えて司会を田木さんにお願いして 本当によかったと思いました。 お謡いや神楽などあまり馴染みのない事ばかり だったのにもかかわらず、紹介してもらったりして 出席者にもとても好評でした(^O^) ただ心残りなのは田木さんと写真が取れなかったことです。。。 2人してものすごく 後悔です。。。 これからまだまだお忙しいでしょうが お体に気をつけて素晴らしい司会を続けてください。 本当にありがとうございました。
2004・5  料亭すざき
【 進行内容 】
・ 入場
・ 人前式
・ プロフィール紹介
・ 来賓祝辞
・ 乾杯
・ 歓談
・ 友人スピーチ
・ 友人歌♪
・ 踊り(新婦おば様)
・ 新婦お色直し中座
  (エスコート:おばあちゃん)
・ 新郎のお話(新婦中座中)
・ 入場(お父様と入場)
・ ケーキサービス写真撮影
  (ケーキは来賓のみ新郎新婦から
  (ケーキに当たりつき)

・ 当たりの方へプレゼント
・ 新婦お手紙
・ 花束贈呈
・ 新郎お父様挨拶
・ 新郎挨拶
・ 万歳三唱
・ 退場

和装姿も素敵でした♪
写真がないのが残念・・・。
☆個性的で楽しい新郎と、とーっても可愛い新婦。お二人ともおしゃれでしたなぁ〜。新婦はご自分の髪を結われていて素敵〜♪
 ‘和やかで堅苦しくなく‘というコンセプトに従って、プロフィール紹介もご自身達でなさいました。司会がするより場が和みますね。最初の方でこういった‘肩の力を抜ける場面‘というのはとても大事です。
 友人の方の歌というのが、実は作詞が新郎で作曲がご友人ご自身というオリジナルの歌。歌詞は大変奥深〜い内容で、新郎のお人柄がでていましたです。個性的で奥深い感じ。その新郎が新婦の中座中に‘小話までしてくださいました。すごい(*≧∇≦*)!
 ケーキも皆さんがお好きなものを選べるように、と数種類のケーキをご準備なさって選べるようになさいました。そしてお皿の裏に当たりのシールをつけてプレゼントタイム。
 ‘ゲストと触れ合う時間を大切にしたい‘というのもお二人の希望でしたが、そのご希望通り、新郎新婦とゲストの距離が近くって、本当に自宅に招いているような雰囲気でした。そんな雰囲気の中で美味しいお食事を頂いて、ゲストも喜んでいらっしゃったと思います。



【 後日いただいたメール 】
( 新婦より )
日曜日は大変お世話になりました。 個性の強い人ばかりで、まとめるのが大変だったでしょう。 プログラムも急に変えてもらったりしてほんとにすみませんでした。 おかげさまで楽しい式になりました。 写真ができたら送りますね
2004・2  料亭喜樂
【 進行内容 】


・ 入場
・ 人前式
・ 来賓代表祝辞
・ 乾杯
・ 料理紹介
・ 鯛の塩釜かっちん開き
・ お色直し退場
・ 中座中
(色紙をまわす)
・ 入場
(チビッ子の先導で♪)
・ スピーチ
・ ゲスト紹介
・ お色直し退場
・ 入場 
  
(お父様と入場→新郎とバトンタッチ)
・ 中国茶をゲストに振舞う
・ ご両親へメッセージ

  (新郎新婦より)

・ 手作り花かごと
  ブートニアのプレゼント
・ 両家代表謝辞、新郎謝辞
・ 万歳三唱
・ 退場


和の雰囲気とこの黒のフレームの雰囲気が見事にマッチしてます。
並べただけでもこんなにgood

☆笑いあり笑いあり(^-^)の楽しいお席でした。お二人が何ヶ月も前から一生懸命「どの方にも楽しんでいただける様に」と考えに考えて作り上げたその結果ですね。
 人前式は角隠しをお付けになり、披露宴へ移る前に少しお時間を頂き、皆さんの前で角隠しをはずしました。その間は角隠しの由来などをご説明〜。料亭の人前式っていいですね♪渋い!!
 年齢層が高めで既婚者がほとんどでしたので、中座中に色紙をまわし‘夫婦円満の秘訣‘を書いていただきました。そして、ゲスト紹介は来賓をお一人ずつ、親戚はまとめてご紹介。その後色紙の内容を元にどなたかに‘夫婦円満の秘訣‘をインタビューする予定・・・だったのですが、場がとっても盛り上がっていたので「はい!私が!」と立候補して下さる方までいらっしゃって、本当にまとまっていて、皆でわいわい楽しかったです♪ そのうち、新郎新婦の‘裏話?‘まで登場したりして・・・。
 中国茶は花茶。お湯を注ぐと葉が花の様にひろがるのですっ。目でも楽しんでホッと一息。本当に新郎新婦のお心遣いいっぱいです。


【 後日いただいたメール 】


( 新婦より )
披露宴は大変お世話になりました。 皆さんに楽しんでいただけたのか不安でしたが、 2人でいろいろ考えたので、良かったのではないかと話してました。 昨日帰国しました。今日は昼から出てきています。 バリとシンガポールはとても暑くて、花がいっぱいでした。

会場側から、打ち合わせ後と、式の翌日も田木さんについて色々、聞かれました。とても、すばらしいと。 HPの事も紹介しておきました。 田木さんの仕事に対する熱心さと丁寧さの たまものだと思っています。

私たちも田木さんのおかげで、思い出に残る披露宴ができました。 私たちにとっても、本当に田木さんにお願いして良かったと思っています。 本当にありがとうございます。 これからも、頑張ってください。